配管継手は配管を繋ぐもの

配管継手は配管を繋いでいくときには必ず必要になるものです。

(※参考http://www.haikanbuhin.com/top/item/asp/cate.asp?s_cate4=21006&sort=Recommend&list_count_type=Light

配管はチューブ状のものでないかぎり曲げるときには配管継手が必要だからです。

また、配管継手は配管の経路で分岐をさせたり、集中をさせるときにも利用されます。

例えば、給水や給湯では分岐するたびに配管の径は小さくなっていきます。

なかを流れる水量が減れば配管径は小さくしていく必要ありますし、配管継手の中には分岐をさせるだけでなく、配管径を下げていくのに使われることもあるのです。

配管の材料によって配管継手も違ってきます。

例えば、鋼管には鋼管用の継手が必要ですし、径によってもねじ込み式なのか溶接式なのかが違ってきます。

配管内部のものが液体であるのか、蒸気のような気体であるのかによっても違いがあります。

配管継手はインターネットでも購入出来るようになっていますので便利に利用できます。